予防接種

予防接種

子どもの予防接種

一宮市医師会では、一宮市に住民票のあるお子さんを対象に、医師会所属会員施設での「子どもの予防接種」を実施しております。

定期予防接種の種類 ・B型肝炎
・小児用肺炎球菌
・ヒブ(インフルエンザ菌b型)
・BCG(結核)
・DPT-IPV四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
・DPT三種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)
・DT二種混合(ジフテリア・破傷風)
・ポリオ(小児マヒ)
・麻しん・風しん(MR)混合(はしか・三日ばしか)
・水痘(みずぼうそう)
・日本脳炎
・子宮頸がん
接種方法 上記リストの医療機関で実施します。
希望する医療機関にあらかじめ予約をしてお出かけください。
医師の診察後、接種をします。(すべて個別接種)
費用 無料
持ち物 ・母子健康手帳、健康保険証など(年齢、住所が確認できるもの)
 (保護者が同伴できない場合は、予防接種委任状が必要です)

・予診票(詳細は一宮市健康づくり課のページをご覧ください)
 「子どもの予防接種」 (一宮市ホームページ)

子どもの予防接種

B型肝炎

対象者 一宮市に住民登録がある平成28年4月1日以降生まれの1歳に至るまでの間の子

(注)ただし、健康保険適用で接種を受けている子は定期接種の対象外です。
標準的な接種回数と接種間隔 3回接種

生後2カ月から27日以上の間隔をおいて2回接種、更に1回目の接種から139日以上の間隔をおいて(20週目の同じ曜日は可)1回接種。
予診票 1.平成28年4月~平成28年7月生まれの子
  平成28年9月中旬に予診票を個別送付します。
2.平成28年8月~平成29年3月生まれの子
  出生月の翌月末に予診票を個別送付します。
3.平成29年4月以降生まれの子
  出生届時にお渡しする「一宮市予防接種予診票綴」に綴られます。
重要なお知らせ ・定期の予防接種が導入される以前に、定期の予防接種に相当する方法ですでに接種を受けた対象者については、定期接種に規定された接種を受けた者とみなします。

・1歳に至るまでに接種が完了しない子は、平成29年9月30日までの間、一宮市独自措置により公費(無料)で受けることができます。ただし、1歳以降の接種は任意接種扱いになります。これは、接種後に健康被害が起きた場合の救済が国の救済ではなくなるため、定期接種と比べて救済の対象、額等が異なります。
実施期間 通年
参考サイト 一宮市医師会ホームページ 「B型肝炎予防接種」
厚生労働省ホームページ 「B型肝炎」

小児用肺炎球菌

対象者 一宮市に住民登録がある生後2か月以上5歳の誕生日の前日までの子

(注)初回接種の月齢により接種回数、接種間隔が異なります。
標準的な接種回数と
接種間隔
1.生後2か月~生後7か月に至るまでの間にある子
 初回 3回
   標準的には生後12か月までに、27日以上の間隔をおいて
 追加 1回
   1歳以降、初回接種終了~60日以上の間隔をおいて
   (標準的には1歳~1歳3か月に至るまで)
【備考】
 2回目、3回目の接種は、生後24か月に至るまで。
 ただし、2回目の接種が生後12か月を超えた場合、3回目の接種は行わない。

2.生後7か月~1歳に至るまでの間にある子
 初回 2回
   標準的には1歳までに27日以上の間隔をおいて
 追加 1回
   1歳以降、初回接種終了~60日以上の間隔をおいて
備考】
 
2回目の接種は2歳に至るまで。
 それを超えた場合は、接種は行わない。 

3.1歳~2歳の誕生日の前日までの間にある子
  60日以上の間隔をおいて2回接種

4.2歳~5歳の誕生日の前日までの間にある子
  1回接種
実施期間 通年
参考サイト 一宮市ホームページ 「小児用肺炎球菌」
厚生労働省ホームページ 「肺炎球菌感染症(小児)」

ヒブ (インフルエンザ菌b型)

対象者 一宮市に住民登録がある生後2か月以上5歳の誕生日の前日までの子

(注)初回接種の月齢により接種回数、接種間隔が異なります
標準的な接種回数と
接種間隔
1.生後2か月~生後7か月に至るまでの間にある子
 初回 3回
   1歳までに、標準的には27日以上の間隔をおいて
 追加 1回
   初回接種終了~7月以上の間隔をおいて
    (標準的には7月~13月の間隔をおいて)

【備考】
 初回接種2回目または、3回目が1歳を超えた場合、2回目または3回目の接種は行わない。
 この場合、最後の接種から27日(医師が必要と認めたときは20日)以上の間隔をおいて追加接種を行う。

2.生後7か月~1歳に至るまでの間にある子
 初回 2回
   標準的には1歳までに27日以上の間隔をおいて
 追加 1回
   初回接種終了~7月以上の間隔をおいて
    (標準的には7月~13月の間隔をおいて)

備考】
 2回目の接種が1歳を超えた場合、2回目の接種は行わない。
 この場合、最後の接種から27日(医師が必要と認めたときは20日)以上の間隔をおいて追加接種を行う。

3.1歳~5歳の誕生日の前日までの間にある子
 
1回接種
実施期間 通年
参考サイト 一宮市ホームページ 「ヒブ(インフルエンザ菌b型)」
厚生労働省ホームページ 「Hib感染症」

BCG (結核)

対象者 一宮市に住民登録がある生後3か月~1歳の誕生日の前日までの子

(注)標準的には、生後5か月~生後8か月までの間
接種回数 1回
実施期間 通年
参考サイト 一宮市ホームページ 「BCG(結核)」
厚生労働省ホームページ 「結核 (BCGワクチン)」

DPT-IPV四種混合 (ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

対象者 一宮市に住民登録がある生後3か月~7歳6か月に至るまでの子
標準的な接種回数と
接種間隔
初回 3回
  生後3か月以降に20日以上の間隔をおいて
   (注)標準的には、20日~56日の間隔をおいて
追加 1回
  初回接種終了~1年以上の間隔をおいて
   (注)標準的には、1年~1年6か月の間隔をおいて

【備考】
  20日以上とは、接種日の翌日から数えて21日目です。
実施期間 通年
参考サイト 一宮市ホームページ 「DPT-IPV四種混合」
厚生労働省ホームページ 「ジフテリア」 「百日せき」 「破傷風」 「ポリオ」

DPT三種混合 (ジフテリア・百日せき・破傷風)

対象者 一宮市に住民登録がある生後3か月~7歳6か月に至るまでの子
DPT三種混合ワクチンの製造中止、有効期限の終了  DPT三種混合ワクチンの製造中止、有効期限の終了により、未完了の子は今後、DPT-IPV四種混合ワクチンで受けることができます。
 お手持ちの「三種混合予防接種予診票」は協力医療機関にて「DPT-IPV四種ワクチン」に訂正して使用することができます。
 DPT-IPV四種混合ワクチンを使用することで4回を超える不活化ポリオワクチン(IPV)接種後の有効性及び安全性が確認されています。
参考サイト 一宮市ホームページ 「DPT三種混合」
厚生労働省ホームページ 「ジフテリア」 「百日せき」 「破傷風」

DT二種混合 (ジフテリア・破傷風)

対象者 一宮市に住民登録がある小学校6年生~13歳の誕生日の前日までの子

(注)小学校6年生の4月中旬に、市から個別にお知らせと予診票が送られます
接種回数 1回
実施期間 通年
参考サイト 一宮市ホームページ 「DT二種混合」
厚生労働省ホームページ 「ジフテリア」 「破傷風」

ポリオ (小児マヒ)

対象者 一宮市に住民登録がある生後3か月~7歳6か月に至るまでの子
 1.平成24年7月以前生まれの子
 2.四種混合対象の子で三種混合と不活化ポリオで開始した子
標準的な接種回数と
接種間隔
1.生ワクチンを2回受けている子
  ポリオ予防接種完了

2.生ワクチンを1回と不活化ワクチンを2回受けている子
3.不活化ワクチンを3回受けている子

  3回目接種より、1年~1年6か月後に1期追加を1回接種する

4.生ワクチンを1回と不活化ワクチンを1回受けている子
5.不活化ワクチンを2回受けている子

  1期初回を1回接種する
  1年~1年6か月後に1期追加を1回接種する

6.生ワクチンを1回受けている子
7.不活化ワクチンを1回受けている子

  1期初回を20日~56日の間隔で2回接種する
  1年~1年6か月後に1期追加を1回接種する

8.全く受けていない子
  1期初回を20日~56日の間隔で3回接種する
  1年~1年6か月後に1期追加を1回接種する
実施期間 通年
参考サイト 一宮市ホームページ 「ポリオ(小児マヒ)」
厚生労働省ホームページ 「ポリオ (急性灰白髄炎)」

麻しん・風しん(MR)混合 (はしか・三日ばしか)

対象者 第1期
 一宮市に住民登録がある満1歳~2歳の誕生日の前日までの子
第2期
 一宮市に住民登録がある保育園・幼稚園等の年長児
  (4月中旬に市から個別にお知らせと予診票が送付されます)
単抗原での接種希望 麻しん、風しんの単抗原での接種を希望される方は、最寄の保健センターにご相談ください。
実施期間 通年
参考サイト 一宮市ホームページ 「麻しん・風しん(MR)混合」
厚生労働省ホームページ 「麻しん・風しん」

水痘 (みずぼうそう)

対象者 一宮市に住民登録がある満1歳~3歳の誕生日の前日までの子
標準的な接種回数と
接種間隔
初回 1回、追加 1回
  3月以上の間隔をおいて
  (注)標準的には6月~1年までの間隔
【備考】
 
既に水痘にかかった子は対象外となります。
 任意接種として既に水痘の予防接種を受けている場合は、既に接種した回数分の接種を受けたものとみなします。
 1回目の接種を3歳未満で接種を受けた子で、2回目の接種が3歳を超えた場合の2回目は定期接種外となります。
実施期間 通年
予診票 平成25年9月以前生まれ
 市内の予防接種医療機関に準備してある予診票
平成25年10月1日生まれ~平成26年3月31日生まれ
 生後11カ月ころMR1期の予診票と同時送付
平成26年4月1日生まれ~平成26年7月31日生まれ
 平成26年10月に一括個別送付
平成26年8月1日生まれ~平成27年3月31日生まれ
 出生月の翌月末にバーコードシールと同時送付
平成27年4月1日生まれ以降
 「一宮市予防接種予診票綴」にある予診票
参考サイト 一宮市ホームページ 「水痘(みずぼうそう)」
厚生労働省ホームページ 「水痘」

日本脳炎

第1期 対象者
  一宮市に住民登録がある満3歳~7歳6か月に至るまでの子
  (注)海外渡航などの理由により、3歳未満で接種を希望される場合
           は事前に保健センターにご相談ください

標準的な接種回数と接種間隔
 初回2回
   3歳以降に6日以上の間隔をおいて
    (標準的には、6日~28日の間隔をおいて)
 追加1回
   初回接種終了からおおむね1年の間隔をおいて
    (おおむねとは、11月~13月の間隔)

実施期間
  通年
第2期 対象者
  ・一宮市に住民登録がある満9歳~13歳の誕生日前日までの子
  ・小学校4年生

 【平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれで20歳未満の方】
  接種履歴により接種時期が異なりますので保健センターへご相談ください
 【平成19年4月2日以降生まれの方】
  小学校4年生の4月中旬に、市から個別にお知らせと予診票が送付されます

接種回数
  1回

実施期間
  通年
特例措置
(H23.6.1より適用)
対象者
次に該当すると思われる場合は、保健センターにご相談ください。

【特例1】
一宮市に住民登録がある平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方
(注)1期・2期の未接種分が20歳の誕生日前日まで無料で接種できます

【特例2】
一宮市に住民登録がある平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方
(注)7歳6カ月までに1期の未接種分がある場合、特例接種期間は
      満9歳~満13歳未満までの間に定期として受けることができます

実施期間
  通年
参考サイト 一宮市ホームページ 「日本脳炎」
厚生労働省ホームページ 「日本脳炎」

子宮頸がん

対象者 一宮市に住民登録がある小学校6年生~高校1年生に相当する女子
接種回数 3回

ワクチンは2種類あり、接種間隔が異なります。
また、3回とも同一のワクチンを使用する必要があります。

【サーバリックスを使用した場合】
 1回目:初回接種
 2回目:初回接種から1か月後
 3回目:初回から6か月後

【ガーダシルを使用した場合】
 1回目:初回接種
 2回目:初回接種から2か月後
 3回目:初回から6か月後
実施期間 通年
注意事項 子宮頸がん予防接種に関する積極的な勧奨の差し控えについて

 子宮頸がん予防接種後に、慢性の痛みを伴う事例や関節痛が現れる事例などの報告があることから、厚生労働省は、平成25年6月14日、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、「積極的な勧奨を差し控える」との決定をしました。今後接種を希望される方は、接種することで得られるメリットとリスクを十分に理解したうえで、接種を受けていただくようお願いします。
参考サイト 一宮市ホームページ 「子宮頸がん」
厚生労働省 「ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)」

子どもの予防接種のお問い合わせ

  • 一宮市健康づくり課
  • 0586-72-1121

成人の予防接種 (助成制度)

一宮市医師会では、一宮市が実施する成人の予防接種費用の助成制度に協力しております。

助成対象予防接種の種類 ・成人用肺炎球菌予防接種
・高齢者インフルエンザ予防接種
・大人の風しん予防接種 

成人の予防接種の概要

成人用肺炎球菌予防接種

助成対象者 一宮市民で、次の条件を満たす方

1.65歳の方
経過措置として平成26年度~平成30年度までの間は、当該年度70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方も対象となります。

2.60歳以上の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能障害、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害で、身体障害者手帳1級をお持ちの方、またはそれに相当する方

厚生労働省令で定めた該当障害者の基準 PDF

【平成29年度の対象者】
 65歳:昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生
 70歳:昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生
 75歳:昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生
 80歳:昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生
 85歳:昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生
 90歳:昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生
 95歳:大正11年4月2日~大正12年4月1日生
 100歳:大正6年4月2日~大正7年4月1日生 
接種回数 1回
(ただし、過去に接種を受けたことがある方は公費で接種できません)
一部負担金 2,000円

(注)生活保護世帯の方は、一部負担金が免除になります。事前に生活福祉課で生活保護証明書の発行を受けて、医療機関にお持ちください。
予診票 上記の協力医療機関に準備してあります。
持ち物 1.65歳以上の方
 ・案内ハガキ
 ・健康保険証など(年齢・住所が確認できるもの)

2.60歳以上の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能障害、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害で、身体障害者手帳1級をお持ちの方、またはそれに相当する方
 ・身体障害者手帳
 ・健康保険証など(年齢・住所が確認できるもの)

*生活保護世帯の方は、生活保護証明書もお持ちください。
接種方法 協力医療機関で予約、また、上記の持ち物をご持参のうえ、接種を受けてください。

(注)上記以外の医療機関で接種を希望される場合は、中保健センターにご相談ください。
参考サイト 一宮市ホームページ 「成人用肺炎球菌予防接種」

高齢者インフルエンザ予防接種(平成29年度)

助成対象者 一宮市民で、接種時に次の条件を満たす方

1.満65歳以上の方

2.満60歳から64歳までの方で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能障害またはヒト免疫の機能障害で、身体障害者手帳1級をお持ちの方、またはそれに相当する方

厚生労働省令で定めた該当障害者の基準 PDF
実施期間 11月1日~1月31日 (3か月間)
実施期間外の接種は助成の対象になりません。
接種回数 1回
自己負担額 1,200円

上記対象者の方で、生活保護世帯の方は自己負担金が免除になりますので、 事前に生活福祉課で無料の予防接種予診票をお受け取りください。
持ち物 1.満65歳以上の方
 ・健康保険証など(年齢・住所が確認できるもの)

2.満60歳から64歳までの方で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能障害またはヒト免疫の機能障害で、身体障害者手帳1級をお持ちの方、またはそれに相当する方
 ・身体障害者手帳または障害の程度を証明できる医師の診断書
 ・健康保険証など(年齢・住所が確認できるもの)
その他 市外の施設等に入所または入院中の方で、接種を希望される方は、接種前に中保健センターへお問い合わせください。
参考サイト 一宮市ホームページ 「高齢者インフルエンザ予防接種」

大人の風しん予防接種

助成対象者 一宮市民の方で、1~3のすべてに該当する女性

1.平成29年4月1日から平成30年3月31日までに風しん抗体検査を受けた方
愛知県では、風しん抗体検査費用の助成を行っています。
愛知県ホームページ 「風しん抗体検査とワクチン接種のお知らせ」

2.風しんに対する免疫が不十分と判断された方
「風しんに対する免疫が不十分」とは、風しん抗体検査の結果が、「HI法によるHI抗体価が16倍以下」または、「EIA法によるEIA価が8.0未満」の方です。
上記以外の検査方法による場合は、中保健センターへお問い合わせください。

3.妊娠を予定又は希望している方

【接種対象外】
 ・男性
 ・経産婦
 ・妊婦
 ・過去に風しん予防接種歴および風しん既往歴がある方
実施期間 平成29年4月1日~平成30年3月31日
助成金額 1回の接種に対し5,000円 (助成は1回のみ)
(注)ただし、対象者のうち生活保護世帯の方は全額助成
助成対象ワクチン 麻しん・風しん混合(MR)ワクチン
(注)風しん単体ワクチンは、助成の対象となりませんのでご注意ください
助成方法
(予防接種前に申請)
①医療機関で抗体検査を受ける。 (平成29年4月1日以降の検査に限る)

②風しんに対する免疫が不十分と判断された場合、「風しんワクチン接種助成申請書(助成券用)」に、「風しん抗体検査の結果が分かるもの(風しん抗体検査結果票)」を添付して、保健センターに提出し、「風しんワクチン接種助成券」の交付を受ける。

保健センターの窓口で直接提出される場合
その場で「風しんワクチン接種助成券」を交付します。
中、西、北の各保健センターで受付しています。

郵送の場合
申請書に記載された住所に「風しんワクチン接種助成券」をお送りします。
郵送先:
 〒491-0076 一宮市貴船町3丁目2番地
   一宮市中保健センター 風しんワクチン担当 係


③接種を希望する市内の協力医療機関に予約をする。

④接種時に医療機関へ「風しんワクチン接種助成券」を提出し、各医療機関が定める予防接種料金から助成金額5,000円を差し引いた金額を支払う。(全額助成となる方は、お支払いの必要はありません)

(注)麻しん・風しん混合ワクチンを接種してください。風しん単体ワクチンは、助成の対象となりません。
助成方法
(予防接種後に申請)
①医療機関で抗体検査を受ける。 (平成29年4月1日以降の検査に限る)

②風しんに対する免疫が不十分と判断された場合、医療機関で予防接種を受ける。
(注)麻しん・風しん混合ワクチンを接種してください。風しん単体ワクチンは、助成の対象となりません。

③各医療機関が定める予防接種料金の全額を支払い、「風しん抗体検査の結果が分かるもの」と領収書を受け取る。

④下記の必要なものを持参して各保健センターで「風しんワクチン接種助成申請書(償還払用)」を記入し、申請する。
 ・風しん抗体検査の結果が分かるもの
  (平成29年4月1日以降に検査したもの)
 ・領収書(原本)
   接種日、接種金額、麻しん・風しん混合ワクチンを接種したことが分かるもの
   接種した医療機関は、市内・市外を問いません。
 ・振込先を確認できるもの
 ・印鑑

郵送では受付しません。
申請期限は、平成30年3月31日です。
注意事項 ・平成29年3月31日以前に実施した風しん抗体検査の結果では、助成の対象になりません。

・実施期間以外で接種された場合、助成の対象になりませんのでご注意ください。

・助成の対象は、麻しん・風しん混合ワクチンを接種した場合に限ります。風しん単体のワクチンを接種した場合、助成の対象になりません。

成人の予防接種のお問い合わせ

  • 一宮市健康づくり課
  • 0586-72-1121

愛知県内広域予防接種

 予防接種の利便性、予防接種率の向上、健康被害の防止を図ることを目的として、下記に該当する方は、市内の医療機関に限らず、愛知県内の協力医療機関で予防接種を受けることが可能になりました。 ただし、事前に申請が必要となりますので、ご希望の方は中保健センターで申請をお願いします。

子どもの定期予防接種(広域予防接種)

対象者 一宮市民の方で、次の1~3のいずれかに該当する方

 1.一宮市以外の市町村にかかりつけ医がいる方
 2.長期に入院治療を要し、市内の協力医療機関で予防接種を受けることが困難な方
 3.里帰り出産等のため一宮市以外で予防接種を希望される方
実施場所 愛知県内の協力医療機関 (愛知県医師会ホームページ)
対象となる予防接種 B型肝炎、小児用肺炎球菌、ヒブ、BCG、四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)、二種混合(ジフテリア・破傷風)、ポリオ、麻しん・風しん混合、麻しん、風しん、水痘、日本脳炎、子宮頸がん
一部負担金 無料
申請方法 1.愛知県内の広域予防接種協力医療機関へ、接種を希望する旨を連絡し、了解を得る。

2.中保健センターへ接種希望される旨を電話連絡してから、母子健康手帳、予診票を持参し、中保健センターにて申請手続きを行う。

3.母子健康手帳、予診票、許可書(連絡票)を持参し、(1)の協力医療機関で予防接種を受ける。

(注)申請をされてから、許可書(連絡票)を発行するまでに1週間程度時間がかかります。
参考サイト 一宮市ホームページ 「愛知県内広域予防接種」
愛知県ホームページ 「予防接種の広域化について」

大人の定期予防接種(広域予防接種)

対象者 一宮市民の方で、次の1~3のいずれかに該当する方

 1.一宮市以外の市町村にかかりつけ医がいる方
 2.長期に入院治療を要し、市内の協力医療機関で予防接種を受けることが困難な方
 3.里帰り出産等のため一宮市以外で予防接種を希望される方
実施場所 愛知県内の協力医療機関 (愛知県医師会ホームページ)
対象となる予防接種 成人用肺炎球菌
高齢者インフルエンザ(高齢者インフルエンザの接種期間は11月1日~1月31日)
一部負担金 成人用肺炎球菌 2,000円

高齢者インフルエンザ 1,200円
申請方法 1.愛知県内の広域予防接種協力医療機関へ、接種を希望する旨を連絡し、了解を得る。

2.中保健センターへ接種希望される旨を電話連絡してから、母子健康手帳、予診票を持参し、中保健センターにて申請手続きを行う。

3.母子健康手帳、予診票、許可書(連絡票)を持参し、(1)の協力医療機関で予防接種を受ける。

(注)申請をされてから、許可書(連絡票)を発行するまでに1週間程度時間がかかります。
参考サイト 一宮市ホームページ 「愛知県内広域予防接種」
愛知県ホームページ 「予防接種の広域化について」

愛知県内広域予防接種のお問い合わせ

  • 一宮市健康づくり課
  • 0586-72-1121
ページ先頭へ
ページの先頭へ