在宅医療・介護連携様式

在宅医療・介護連携様式

 一宮市在宅医療・介護連携推進事業の成果物として作成しました「在宅医療・介護連携様式」は、一宮市内の「共通様式」として医療・介護に関わる職種の皆さまに広くご活用いただくことを目的としております。共通利用により多職種連携の促進とサービス利用者の負担軽減が図られますので、ぜひご活用ください。

一宮市在宅医療・介護連携様式の手引き

一宮市地域連携アセスメントシート

①利用シーン 入院時、多職種との連携時
②利用目的 高齢患者のアセスメント情報を市内共通化し、入院時や多職種との円滑な情報共有を図る。
③対象者 在宅療養中、施設入所中の高齢患者
④運用方法 ①情報提供時は個人情報を適切に管理してください。
②シートで介護保険の「入院時情報連携加算」が算定できます。
③病院にシートを提供する際は 「担当窓口一覧」 をご覧ください。
⑤ダウンロード 一宮市地域連携アセスメントシート【ver3】 /WordPDF

救急患者基本情報シート

①利用シーン 救急搬送時
②利用目的 普段の状態や緊急連絡先などを事前に把握し、搬送時の正確迅速な情報共有と、情報不足による付き添い負担の軽減を図る。
③対象者 在宅療養中、施設入所中の高齢患者
④運用方法 ①救急搬送時に救急隊や搬送先医療機関へシートを提供してください。
②シートは本人家族、またはケア職種・施設職員が記入してください。
③連絡先変更や状態変化のつど内容を更新してください。
⑤ダウンロード 救急患者基本情報シート /WordPDF

一宮市介護サービス共通診断書(入所、通所等)

①利用シーン 入所・通所等サービス利用時
②利用目的 施設で異なる診断書様式を市内共通化し、医師の診断書作成の負担や利用者の診断書取得の負担軽減を図る。
③対象者 下記サービス利用者
 ・入   所 : 老健、特養、ショートステイ、グループホーム など
 ・通所等 : 通所介護、通所リハ、小規模多機能 など
④運用方法 ①診断書は、サービス事業所より求めがあった場合のみ利用します。
 (診断書提出を一律に義務付けるものではありません)
②診断書作成料は各医療機関が定める料金となります。
③診断書の有効期間は6か月です。
④診断書は本人家族が管理・保管してください。
⑤サービス事業所は診断書原本を確認のうえコピーして受け取り、原本は
   本人家族へ返却してください。
⑤ダウンロード ・一宮市介護サービス共通診断書(入所)/PDF
・一宮市介護サービス共通診断書(通所等)/PDF

主治医・ケアマネジャーFAX連絡票

①利用シーン 診療所医師とケアマネジャー間の連絡時
②利用目的 ケアマネジャーから主治医への連絡方法を市内共通化し、効率的な情報伝達と医師・ケアマネジャー間の連携促進を図る。
③対象者 定期的に受診歴のある患者
④運用方法 ①連絡票による連絡は無料となります。
②相談内容などは簡潔に記載してください。
③「軽度者等に対する福祉用具貸与の例外給付」の依頼は、連絡票ではなく
   ケアマNET一宮の所定様式をご利用ください。
⑤ダウンロード 主治医・ケアマネジャーFAX連絡票 /WordPDF

一宮市在宅医療あんしんガイド

 「一宮市在宅医療あんしんガイド」は、在宅医療の内容や各職種の役割、必要な医療費の目安、在宅医療を受けるための準備などが網羅された、一宮市の在宅医療を知ってもらうためのパンフレットです。

パンフレット(電子版) 電子版のパンフレットです。印刷はできないためパソコンやタブレット端末でご利用ください。自施設ホームページへの掲載やメールで自由に配布いただいても結構です。

一宮市在宅医療あんしんガイド(電子版)/PDF (4.5MB)
パンフレット(冊子版) 冊子版のパンフレットは、次の窓口で無料配布しております。
送付ご希望の方は 「送付依頼書」 を下記窓口までFAXにてお送りください。
送料無料、希望部数は何部でも結構です。(数部~数百部も可)

●送付依頼先
 一宮市医師会在宅医療サポートセンター
  FAX 0586-72-1447
  • 一宮市医師会在宅医療サポートセンター
  • 0586-73-4769
ページ先頭へ
ページの先頭へ